雑学編 / 水・知・識

TOP > 水・知・識 > 雑学編

水や生活に役立つ雑学などをお伝えします

13.5メートルで日本一!

brook

13.5メートルで日本一!

13.5メートル。
何の長さかを知ったら「短い」と思ってしまうもの。

ジンベイザメの記録された最大個体が13.7メートルと言われていますが、こちらは「長い」または「大きい」と思う人が多いはず。

似たような長さでも、ほとんどの人が「短い」と思うものそれは、和歌山県にあるものです。

そして、お魚1匹分の長さのものが、日本一の称号を持っていると言ったらどうでしょう。
驚きますよね。

当然ですけど「水に関連」しています。


13.5メートルの正体は、『ぶつぶつ川』
(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町粉白を流れる二級河川)

ぶつぶつ川は「河川法で定められた河川の内、国内で最も短い河川」。

日本国内の河川は河川法により、
  1級河川(管理者が国)109水系 14048河川
  2級河川(管理者が都道府県)2711水系 7078河川
  準用河川(管理者が市町村)2580水系 14322河川
  ※データは国土交通省平成26/4/30調べ
に分かれていますが、数あるこれらの河川のうち、最も短いのがぶつぶつ川なのです。


ちなみに、2番目に短いのが東町塩野川 15メートル(山形県最上郡真室川町を流れる準用河川)、 その次がホンベツ川 30メートル(北海道島牧郡島牧村を流れる二級河川)になるそう。

しかも、たった13.5メートルしかない河川の周りには、絶滅が心配されるような貴重な植物も発見されているとか。

大きいもの、長いものに目が行きがちですが、反対の短い、小さいに目を向けてみるのも面白いですね。



日本最大の面積を誇る「琵琶湖」

琵琶湖

これって本当に湖なの!?

日本には数多くの湖があります。
その中でもずば抜けて大きく「日本一」の大きさを誇るのが琵琶湖。
今まで訪れたことのない人でも、おそらく日本人なら誰でも必ず知っていると思う湖です。
「まるで海!」。広すぎるがゆえに、初めて訪れた人が必ず言うのがこの言葉だそうです。

日本の湖広さランキング(参考:国土交通省)
 1位 琵琶湖(滋賀県)670.3km3
 2位 霞ヶ浦(茨城県)167.6km3
 3位 サロマ湖(北海道)151.9km3
 4位 猪苗代湖(福島県)103.3km3
 5位 中海(島根県、鳥取県)86.2km3

その広さは滋賀県の約1/6を占め、1周約250キロからも、相当の広さが想像できると思います。
また、広さのみならず貯水量としても日本一を誇る湖で、27?は日本の淡水の約1/3を占めると
言われています。「近畿の水がめ」という重要な役割を担い、近畿地方に住むおよそ1,400万人の生活を支えているのです。

琵琶湖の歴史をたどってみると、湖が形成されたのは、今からなんと約400万年~600万年前の
ことらしく、人類が誕生する前から日本にある偉大な湖なのです。世界にもたくさんの湖がありますが、バイカル湖やタンガニーカ湖に次いで成立が古い古代湖として知られているそうです。

 

日本一の広さを誇り、古代湖としても世界に名を馳せる「琵琶湖」。
多くの人々がその恩恵を受け暮らし、これからも安全に供給されるよう、私たち一人ひとりが
「資源は無限でない」ことを肝に銘じて、環境への意識を高めていく必要があるのです。

 

アルカリイオン整水器 (その1)

浄水性能に加え、水の性質や成分を調整する装置を整水器と言います。

よく知られているアルカリイオン整水器は、必要に応じてカルシウム剤を添加
し、水を電気分解することにより、飲用アルカリ性電解水(通称アルカリイオン
水)を生成します。
電気分解により、マイナス極側へプラスの電気を帯びたカルシウムイオンや
マグネシウムイオンなどが移動します。同時に水の還元反応が起こり、水酸
化物イオンと水素を生じ、ph値の高いアルカリイオン水が生成されます。
プラス極側へはマイナスの電気を帯びた塩化物イオンや炭酸水素イオンな
どが移動します。水の酸化反応が起こり、水素イオンと酸素を生じ、ph値の
低い酸性水が精製されます。

アルカリイオン水は、胃腸症状の改善に有効、料理に向いていると言われ
ています。
酸性水は消毒や殺菌、美肌効果があるようですが、飲用には適しません。
用途によって使い分けると効果的なようです。

次回は整水器のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。
 

活水器 その3(デメリット)

活水器のデメリット

 
浄水器と違って、フィルターがなく水をろ過する装置ではないので、
塩素を取り除くことができません。

そのため活水器の中には、浄水器としての機能を持つ「浄活水器」
なども販売されています。

また、公
に定められた規格基準が無く、その性能についての試験
方法等は一般的に確立されたものは無いようです。

活水器には磁気や波動を利用するものなど様々ですが、いずれも
科学的根拠に乏しく実証されていないようです。

この点が大きなデメリットと言えるようです。

活水器 その2(メリット)

活水器のメリット
 

活水器といっても設置方法や構造も多様化し、多種多様な製品が
数多くあります。メリットに関しましてもメーカーによって様々です。

■ 設置後のメンテナンスフリー
   カートリッジ交換の必要がなく、一度設置するとずっと使えます。

■ 電気不要
   強力な磁気によって水を活性化させるため、電気を一切使わず
  に機能します。

■ ノーカートリッジ
   磁気活水器ではカートリッジを使用しませんので、カートリッジ
  交換の必要はありません。

このようなメリットを上げています。
ですが、活水器は浄水器とは異なるものです。

浄水器に関しては、公的に規定された規格基準や規定がありますが、
これに対し、いわゆる「活水器」については公に定められた規格基準
が無く、その性能についての試験方法等は一般的に確立されたもの
は無いそうです。
ですので、効果・性能については疑問の声もあるようです。
 

活水器 その1

はっきりした定義はないようですが、磁気により水
を活性化(磁化)し、水に新しい機能を持たせるの
が活水器といわれています。
単に活性水あるいは、磁気水や磁化水(じかすい)
ともいわれます。

「酸化還元活水器」や「磁気器活水器」などの商品
名で売られていて磁気で処理したり、ミネラルを加
えたりするものもあります。

活水器については性能について疑問視されている
ものも少なくないようです。
機能の根拠がはっきりしていてシンプルなものが
よいでしょう。

次回は活水器のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

軟水器 その3(デメリット)

軟水器のデメリット


まず、一番大きなデメリットは、定期的なメンテナンスが必要なことです。
メンテナンスとは、フィルターの洗浄です。

軟水器は、イオン交換樹脂による除去原理で、水道水の硬度成分「カルシウム、
マグネシウム」を除去していきますが、ある程度硬度成分を除去していくと
もう機能しなくなり、硬水のまま通過していってしまいます。

これを硬度漏れ、と呼ぶそうです。

 

さて、これを回避するには定期的なメンテナンス、つまり軟水器を
洗浄しなければなりません。

洗浄には、塩(塩化ナトリウム)を使います。
約10%程度の塩水ですすぐと、イオン交換樹脂にくっつけた
硬度成分を離して、きれいな状態に戻ります。

 

この作業を、定期的に行わなければ軟水効果は得られないのです。
この手間が大きなデメリットと言えるようです。

 

軟水器 その2(メリット)

軟水器のメリット

それは、

  『石けんカスが発生しない』

ということです。

日本はどの地域も軟水の地域が多く不便に感じる方も
少ないかと思いますが、
前編/knowledge/30/002051.php
でもお伝えしたように、硬度成分の高い国では、

 ・石鹸の泡立ちが悪くなったり、
 ・水廻りが、水垢で汚れやすい、
 ・水道配管が目詰まりしやすい  など

の影響を避けるため、使われています。

日本でも同様に、水道水の硬度成分を下げたい方にとっては
大変メリットも多く、

・洗髪時のあわ立ちがよい
・水周りが、水垢で汚れない
・加湿器の受け皿が、白いカリカリがつかない

などがあげられます。

 

軟水器 その1

水道水から硬度成分をとりのぞくのが軟水器。
硬度成分が肌を荒らすことが知られている欧米諸国や韓国
では、すでに多くの家庭で軟水器が使われています。
では、軟水器とはどんなものでしょうか。

簡単に言えば、ボトル状の容器の中に「イオン交換樹脂」と
いう小さな粒を詰め込んだもの。
この「イオン交換樹脂」というフィルターに水を通して、肌へ
の刺激や水周りの汚れのもとになるカルシウムやマグネシ
ウムなどの硬度成分を取り除き、水道水中から硬度を低く
する機能があります。

「イオン交換樹脂」は使いすぎると硬度成分の除去能力が
低下しますが、塩水を流し込むだけで、硬度成分とイオン
交換樹脂を離す性質があるので、再び硬度成分を取り除
くようになり、長期使用が可能なのです。

次回は軟水器のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。
 

「とどのつまり」って?

日本では江戸時代まで、武士や学者は元服(現在の成人)を迎えると
名前を幼名から大人の名前に変え、着物も成人の服に変え、
お祝いする風習がありました。
また出世の際には身分に適した名前に改名する習慣があったそうです。
それにちなんで、稚魚から成魚への成長に伴い異なった名称を持つ魚を
出世魚と呼びます。
出世魚は、縁起の良い魚として門出やお祝い事の席で好んで使われています。
出世魚の代表格といえば、ブリが思い浮かびますが、
地方によってさまざまな呼び名があるようです。はまち.jpg

ブリ
関東地方  ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ
関西地方  ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ
北陸地方  コヅクラ→フクラギ→ガンド→ブリ

他に有名な出世魚をあげてみます。

スズキ
セイゴ→フッコ→スズキ→オオタロウ     

ボラ
オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

とどのつまりの「とど」とはボラのこと。
ボラは成長とともに呼び名が変わっていきますが、
最終的にはトドになることから、「結局」「行きつくところ」を意味する
とどのつまりの語源とされています。

ご検討中の方へ

水道水に不安を抱えるあなたに、今お伝えしたい。浄水器だけでは手に入らない『安心』があることを。
セントラル浄水器を初めて知った方も、これまでに悩みを解決できなかった方も
導入にあたっての様々な疑問にお答えし、納得して導入いただけるようサポートいたしますのでご安心ください。