会社案内 

社長ごあいさつ

 

このたびは、弊社浄水システムにご興味を示していただき誠にありがとうございます。
ご希望通りお役に立てることを願っております。

 

アクアス総研は1990年に創業して以来、セントラル浄水器のパイオニアとして
暮らしの水に悩まれるご家族を水ストレスから解放すべく
長期にわたり誠心誠意努力してまいりました。
スタート当初は販売を主流に事業展開しておりましたが、
多くの方々からの"もっと手間いらずで安心して使えれば"の要望にお応えするため
事業の全体的な枠組みを「販売方式」から「レンタル方式」にシフトし、
本来の目的 "水であなたを守る" に専心してまいりました。
これまで特に大きな問題もなく無事に今を迎えています。

 

一方、レンタル方式がもたらす不要時にメーカーに返却出来るこの本体回収システムは、
時を追うごとに多くのユーザー様から支持をいただけるようになりました。
今やその実績は優に26年の時を重ね、
この間、数回に渡り浄水器の性能改良、およびサービスの改善を行ってまいりました。
直近では、2016年2月、日本工業規格JIS S 3201の浄水試験に伴う
公益社団法人の厳格な新基準に見事パス、
セントラル浄水器業界で唯一、その浄水性能が実証されています。

 

今では、使用者の92%以上ものユーザー様から「満足使用」の貴重な声をいただけるまで成長し、
セントラル浄水器のパイオニア企業として
手探りながらも取り組んだ事業方針に間違いがなかったと安堵しホッとしています。
当然のように、今後もさらなる改善・改良を重ね、大切なお客様お一人おひとりに
一層の安全安心がお届け出来るよう真摯な気持ちで努力し続けてまいります。

 

どうぞ、"ありそうでなかった弊社浄水システム"に関心と興味をお持ちいただき、
ご検討いただきますようお願い申し上げます。

きっとあなたが抱いている水の不安は、解決へと向かうものと確信しています。

 

2016年4月12日
代表取締役 岸 晃生

 

会社概要/沿革

 

会社概要

商号 株式会社アクアス総研
所在地 〒376-0002 群馬県桐生市境野町3-1285-3
TEL:0277-46-4851
FAX:0277-46-4853
設立 1990年7月17日
資本金 30,000,000円
取締役 代表取締役 岸 晃生
取締役 松永 たかし
取締役 岡 沙光子
設置工事管理 責任者 加藤 良一
メンテナンス管理 責任者 上野 仁士
決算期 5月
取得資格 ・日本水道協会給水用具(浄水器)の認証登録
・厚生労働省 給水装置基準適合品(DB登録)
・AQUAS5 アクアスファイブ 商標登録第4441647号
・WPA家庭水保全協会 商標登録第4595827号
・健康住宅アドバイザー
・給水装置工事主任技術者
認定水道工事店 全国297件 (2015年10月1日現在)

 

株式会社アクアス総研本社外観 アクアス号 アクアス総研本社外観  アクアス号

 

沿革

1990年 7月 設立
資本金10,000,000円
セントラル浄水器を企画、開発。セントラル浄水器「アクアス5」の前身製品を販売開始
1996年 6月 セントラル浄水器の普及形式を販売からレンタルへ転換
定期メンテナンスを組み込んだオール浄水システム「アクアス5」を普及開始
1997年 10月 日本水道協会にて、給水用具(浄水器)の認証登録を取得
1998年 5月 資本金を30,000,000円に増資
2000年 4月 ユニセフ募金参加開始
2000年 12月 製品名「アクアス5」を商標登録
2001年 12月 東京商工リサーチ出版による書籍「21世紀を生きる水」の発刊
2001年 4月 業容拡大のため事業本部設立
2001年 6月 グリーンプロジェクトの一角として、使用済ろ材による農園スタート
2001年 11月 常設展示場設立 東海生協出資「住まいの情報ステーション」東海様内(愛知県)
2002年 5月 ユーザー様向け会報誌「あめんぼ」創刊
2002年 5月 東京出張所設立
2002年 8月 事業名「WPA家庭水保全協会」を商標登録
2004年 1月 健康住宅アドバイザー資格取得
2005年 5月 グリーンプロジェクトの本格始動に向け、農園移転
2009年 4月 World Vision のチャイルドスポンサーとして活動開始
2013年 6月 アクアニスト検定開始
2013年 12月 給水装置工事主任技術者 資格取得
2015年 2月 アクアニスト向け情報誌「AQUAspace」創刊
2016年 5月 「セントラル浄水器の日/7月17日」正式認定 (日本記念日協会より) 

 

 

 

循環型社会への取り組み

アクアス総研のゼロエミッション

今、セントラル浄水器メーカーとしてアクアス総研が目指しているのは、
地球や自然に負担がなく人々にも快適な水のある暮らし。
地球環境に負担をかけるCO2の排出をゼロにすること=ゼロ・エミッションを目指し、
製造から製品の最後に至るまで、地球に負荷をかけない浄水器づくりに取り組んでいます。

ゼロエミッション

 

社会貢献活動

明るい明日にバトンをつなぐ

世界には、今この瞬間も十分な食事、安全な飲み水、
教育の機会など基本的な必要さえ満たされない大勢の子どもたちがいます。

この困難な状況にいる子どもたちのために一粒の慈雨になればと、
私たちは、毎年売り上げの一部から
年間36基の井戸掘り資金に相当する支援を続けています。

明るい明日にバトンをつなぐimg

 


コーポレートサイトへ