雑学編 / 水・知・識

TOP > 水・知・識 > 雑学編

水や生活に役立つ雑学などをお伝えします

鮭はなぜ生まれた川に帰ってくるのか?

鮭は日本人の食卓には欠かせない魚ですが、
その生態は意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

鮭は川で生まれ、海に出て、再び生まれた川に帰って来ます。

シロザケの一生を見てみましょう。
河川で卵から孵化した稚魚は、春、雪解け水とともに海に降り、
8月~11月までオホーツク海で過ごします。その後大西洋西部へ移動し、冬を越します。

夏になるとベーリング海に回遊し、餌を捕食しながら大きく成長します。
11月頃になると南下し、アラスカ湾へ移動し冬を越します。

その後夏はベーリング海、冬はアラスカ湾を行き来します。
そして4年後、成熟魚になった鮭は、ベーリング海から千島列島沿いに南下し、
9月~12月頃、それぞれ日本の生まれ故郷の河川へと帰るのです。

外洋での長旅を終えた鮭は、産卵のために故郷の河川を遡上します。
遡上を終えた鮭は、雄、雌つがいとなり、川底に産卵床をつくります。
その中へ雌が産卵、雄が放精し、受精卵が形成されます。
そして繁殖という役目を終えた鮭は力尽きてしまいます。

鮭が生まれた川に帰ってくることを『母川回帰』と言います。

広い広い外洋に出た鮭はなぜ母川回帰することができるのでしょうか?
これには諸説ありますが、生まれた川のにおいを覚えているという説が有力です。
鼻詰めされた鮭は生まれた川へ帰れなくなったという実験結果もあります。
川のにおいとは、数十種類のアミノ酸の組成によって決まるそうです。

ただし、遠く離れた外洋から故郷の川のにおいを嗅ぎわけることは
不可能に近いと思われるので、他の方法も併用していると考えられています。
太陽コンパスを利用する説、磁気を感知する説、海流に乗り移動する説などがありますが、
はっきりしたことはわかっていません。未だにまだ多くの謎に包まれているのです。

川から海へ・・・そして再び生まれ故郷の川へ・・・

長い旅の行程には一体どんなロマンが待っているのでしょう?? 
私たちには想像できませんね。

ドクターフィッシュ

今回は、最近テレビや雑誌等で話題になっている
『ドクターフィッシュ』について調べてみました。

『ドクターフィッシュ』とは、コイ科の魚「ガラ・ルファ」の通称で、
全長約10cmの小さい魚です。
西アジアの河川域に生息する淡水魚で、
通常は河川や池沼に生息しています。
しかも37℃程度の高い水温でも生息できるため
トルコなどの温泉にも生息しているそうです。

「ガラ・ルファ」は、温泉に入ったヒトの古くなった角質を食べるということで
一躍有名になり、アトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病の治療効果があるとされるため、
「ドクターフィッシュ」と呼ばれるようになったそうです。
またドイツやトルコではドクターフィッシュによる治療が
保険適用の医療行為として認められているそうです。

ヒトの角質を食べるのは、温泉では他の生物があまり生息せず、
他に食べるものが無いためと考えられています。

近年、日本でも皮膚病の治療効果が注目され、
日帰り入浴施設などで「フィッシュセラピー」としてのサービスが提供されています。

みなさんもぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?
 

水の大切な働き

 私たち人間の体は、新生児で約80%、成人では約60%の水分で占められていますが、
体内の水は体にとってとても大切な働きをしています。


主な働きとして、

・ 血液となり体のすみずみに酸素や栄養素を運ぶ
・ 老廃物を溶かし込み排出する
・ 生体反応を高める
・ 消化吸収を助ける
・ 体温を調整する


などが揚げられます。


例えば、汗をかくことは体温を一定に保つのに大変重要な役割をしています。暑い夏

水は蒸発する時に熱を奪う性質を持っており、
汗をかいた時にこの働きが作用します。

つまり、暑い夏に汗をかいたり、
スポーツをして汗をかいたりしますが、
汗をかくことによって皮膚から汗が蒸発し熱を
放出する事で体温の上昇を防いでいるのです。

私たちの平熱は、平均36~37度ですが体温が2度でも上がると
体調を崩してしまい、時には死に至る危険性もあります。

このように体温の調節というのは生命を維持する上で
とても大切な機能です。
水分が不足するとそれができず体温が上がってしまいます。
 

では、体にとって1日にどれくらい水の量が必要なのでしょうか?

人間の体から1日に排出する水分の量は、約2.5リットルにもなり、人間の水分
そのおおよその内訳は尿や便として1.5リットル、
汗や呼吸などで1リットルとなります。

逆に体に入るおおよその水分は食事が1リットル、
体内合成で0.3リットルの合計1.3リットル、残りの1.2リットルは飲料水から
摂取することになります。

摂取量と排出量のバランスが崩れると体調不良の原因にもなります。

健康を維持する上でも十分な水分補給を心がけるようにしましょう。

一気にたくさんの水を摂取するのではなく、1日数回に分けて摂取しましょうね。

 

水筒の歴史

水は生活する上で必要不可欠なものです。そして、水を携帯するのに使うものとして『ペットボトル』や『水筒』があります。『水筒』といえば、遠足などの行楽を思い浮かべますが、最近では、学校や会社など場所を問わず持ち歩いている人が増えているようです。『マイボトル』、『水筒男子』という言葉がでるほど、老若男女問わず水筒などの利用が増えています。そこで『水筒』について調べてみました。

水筒のはじまり羊の胃袋(驚)
水を入れて携帯する容器は、紀元前3000年頃に、中国やヨーロッパでは、動物の皮革を縫い合わせたものを使用していたそうです。
東アジアでは、主に竹が利用されていました。日本ではひょうたんも使
われましたが、竹筒なども使われ、『水筒』の原型になりました。
水筒は、昔「水筒(すいづつ)」、「ささえ」などと呼ばれていたそうです「すいとう」と読まれるようになったのは比較的新しいようです。
江戸時代には、行楽や芝居見物に行く際に漆塗りや家紋入りなどの見た目も重視した、『水筒』が使われるようになります。
そして、明治30年頃にアルミ製の『水筒』が登場します。
戦後さらに、プラスチック製、ステンレス製など登場し、その後魔法瓶などの保温、保冷効果を持つ『水筒』が普及します。

『水筒』からでてきたものは?
紀元前4000年前後から紀元前2000年頃の古いアラビア民話のお話です。水筒の原型 竹筒ひょうたん水筒
アラブの商人が、羊の胃袋を干してつくった皮の『水筒』にミルクを入れ、ラクダに揺られて砂漠の旅に出かけました。のどの渇きを癒そうと『水筒』を開けると、びっくりすることに、中からはミルクではなく、澄んだ水とやわらかい白い塊が出てきました。
おそるおそるその塊を口に入れてみると、すばらしい味がしたという話です。これは、諸説ありますが、水筒から誕生した「チーズ」のお話です。

普段何気なく使っているものも調べてみると面白いですね!

何の仲間でしょう?

実物は見たことがなくても、タツノオトシゴと言えば、
誰でもどんな姿形かを思い浮かべることができると思いますが、
一体何の仲間かご存知でしょうか?

漢字で書くと『竜の落とし子』ですが、
その学名は『Hippocampus(ヒポカンパス)』です。

この語源はギリシャ語のHippos(馬)
、Campos(海の怪物)から由来するそうです。

中国語では『海馬(かいま・かいば)』、英語では『Seahorse』と呼ばれ、
よく馬に連想されるようです。

江戸時代は虫として図鑑に載っていたそうですが、
実はヨウジウオ科タツノオトシゴ属の魚です。

魚ですので、胸びれと背びれを小刻みに震わせて泳ぎますが、
見た目からも想像できる通り、動きはとてもゆっくりです。

普段は、潮に流されないよう、長い尾を海藻や珊瑚に巻きつけ、
体を固定させています。

因みに大脳の側頭葉に海馬という記憶を司る領域がありますが、
この海馬は断面図がタツノオトシゴに似ているからつけられたそうです。

タツノオトシゴはオスが出産をします。
と言っても卵を産むのはメスなのですが。

オスの腹部には育児嚢と呼ばれる袋があり、
その中へメスが輸卵管を差し込み産卵します。

オスは育児嚢の中で受け取った卵を保護し、
やがて孵化した稚魚が、小さいながら親と同じ姿で出てきます。

この時のオスの姿がまるで出産しているかの様に見えるのです。けっこうかわいい顔してるんです♪

また、タツノオトシゴを乾燥させ、滋養強壮の漢方薬や、
安産のお守りとして用いられることもあります。

しかし、サンゴ礁の減少や環境汚染、また、主にアジアにおける乱獲により、
一部のタツノオトシゴは絶滅の危機に瀕している事も事実です。

現在、絶滅の危機に瀕している動植物は、タツノオトシゴだけでなく、
地球上に数多く存在します。生態系のバランスが崩れると、
やがて、私たち人間も生きて行けなくなってしまいます。

余談ですが、タツノオトシゴの近種には、
タツノイトコやタツノハトコという名前の魚がいます。
おもしろいですね~

水道の歴史

水道の歴史

(水道の始まり)

昔から人間は、飲み水が容易に手に入る川や湖などの近くで生活を営んで来ました。

そして、そこに多くの人々が集まり都市がつくられるようになり、
さらに大量の水が必要となりました。水道の歴史

そこで都市から離れた湖や川の上流から、
 トンネルなどの水路をつくって都市まで水を
引いてくるようにしたのが、
水道の始まりです。

最初の水道は、紀元前2500年ごろのインダス文明の
都市モヘンジョ・ダロと言われています。
ここでは、インダス川の水を集落の近くまで引いていました。

本格的な水道としては、ローマ帝国時代(紀元前312年)に湧水を水源とし、
石積みのアーチ型で有名なアピア水道が建設され、
屋内配管によって家庭に水を供給していたようです。

この水道は、その後数百年の間に規模が拡大し、
総延長約600kmまで達したといわれています。


(日本の水道)

日本では、徳川家康が神田川から江戸城に引いた小石川水道が最初です。
その後江戸の発展とともに玉川上水など多くの水道がつくられてきました。
これらの水道はどれも水源からの傾斜を利用した配水路でした。

現在のように、ろ過した水を消毒した後、
ポンプで送水する近代水道が日本で最初につくられたのは、
明治20年の横浜で、英国人技術者のパーマー氏の指導によりつくられたそうです。

そして現在、全国平均の水道普及率は、約98%に達しました。


今、私たちが安心して水を使用できるようになったのは、
古代の人達の知恵と長い歴史があったからなのですね。

『冬水田んぼ』

冬水たんぼを知っていますか? たんぼ

『冬水田んぼ』は近年注目されている農業技術で、
稲刈り後の冬の間も田んぼに水を張ったままにしておくことです。

冬の間も水を張っておくことにより、
イトミミズ、微生物、藻などが発生します。
すると、それらをえさにするメダカや蛙、クモ、
さらにそれらをえさとする水鳥などさまざまな生き物たちが棲みつきます。
それらの排泄や死骸は肥料となり、田んぼの土を豊にしてくれるそうです。

また、冬水たんぼにすることは土を豊にするだけでなく、
  かえる他にもいろいろな効果があるようです。

・省エネ?(耕運機いらず)
 冬の間に土壌動物(イトミミズや微生物)などが土を耕します。
 前年の稲の根は分解され、空洞となってスポンジ状に残り、
 土を耕した状態にしてくれます。
・抑草効果
 イトミミズの糞がトロトロした層を作り春草の種を閉じ込め、
  みみず 発芽を抑えます。
・殺虫効果
 蛙やクモなどが苗を害虫から守ってくれます。

冬水田んぼは、生き物たちの冬の生息環境を整え、
自然環境を守り、無農薬、化学肥料不要なお米を作ることができます。

この冬水たんぼの考えは、新しいような気がしますが、歴史は古く
300年前の江戸時代につくられた『会津農書』にもかかれているそうです。
かかし耕運機などの機械、肥料、農薬などのない時代だからこその知恵です。
    
しかしこの冬水田んぼ、実際は冬場の水を確保するのは難しく、
なかなか普及しないのが現状のようです。
人と自然との共生、自然保護にも良い技術があることを始めて知りました。
皆さんは知っていましたか?

砂漠に生きるラクダの生態

私たち人間をはじめ、地球上の全ての生物は水なしでは生きていけません。
しかし、ほとんど水がないように見える砂漠にも生物は棲んでいます。

砂漠にはカエルやトビネズミ、
昆虫など意外と色々な生物が棲んでいますが、かわゆいラクダさん
砂漠と言えばやはりラクダではないでしょうか。

この気象条件の厳しい砂漠にラクダはどのように適応してきたのでしょう。

まず特徴的な外見の背中のコブですが、
中身は約50kgの脂肪です。

エネルギーを蓄え、断熱材として役立っています。

水は入っていません。

太い眉毛や2列に生えた長いまつ毛、            
耳の周りの毛も、
砂漠の砂や塵から身を守るためのものです。

鼻の穴は自由に開閉でき、
内側にも毛が密生しています。

何日間も水を飲まないでいられますが、ポップなラクダさん
飲むときは一度に80?、最高では135?もの水を飲みます。

飲んだ大量の水は血液中に吸収され、
大量の水分を含んだ血液を循環させます。

しかも、ほとんど汗をかきません。

体温は通常36℃前後ですが、外気温に合わせ、
34℃から40℃まで体温を調節することができ、
水分の消費を抑えています。

また、一般の動物は、尿素が体内にたまると死んでしまいますが、
ラクダは独特の肝臓機能、腎臓機能を持ち、
尿をろ過してリサイクルしています。

このため尿量も1日1?程と少なく、
その濃度は血液の10倍とかなり濃いです。

ややリアルなラクダさん


このようにラクダは苛酷な環境に適合した体をしています。

ラクダは体重の40%もの水分が失われても生命維持できます。

ラクダと違い私たち人間は体重の10%の水分が失われると生命の危機に直面します。
こまめな水分補給を心がけましょう。

 

鍾乳洞

鍾乳洞とは・・・ .

石灰岩に形成された洞窟(石灰洞)の事で、石灰岩が雨水や地下水などで侵食され、
とても長い年月をかけて出来た洞窟を鍾乳洞と言います。
鍾乳洞は、石灰岩をもとに水から創り出された美しい芸術作品と言われています。


● 鍾乳洞が出来るまで

海中にいた有孔虫、海ゆり、サンゴなどの石灰質を
骨格とする生物の遺骸で出来た地層が石灰岩となり、
そして地殻の変動により石灰岩が隆起し陸地となります。

そこへ大気中の二酸化炭素(CO2)を取り込んだ酸性の雨が降ります。

そして雨は岩の小さな割れ目や断層に沿ってしみ込みます。
しみ込んでいった雨水が石灰岩で出来た地層にたどり着き、
二酸化炭素(CO2)を含んだ雨水によって少しずつ石灰岩を溶かしていきます。

やがて石灰岩が溶けて出来た空洞が大きくなっていき、
何万年もの長い年月を経て人間が入れるくらいの大きな空洞となり、
鍾乳洞が出来ます。


● 鍾乳石

鍾乳石とは、石灰分を豊富に溶し込んだ水が、
地層のすき間を通って洞窟内にしみ出します。

そして、天井からしたたり落ちる際に少しだけ水分が蒸発し、
ほんのわずかな量の石灰分が再結晶化します。
その石灰分が次第につららのように成長し、鍾乳石となります。

また、天井から落ちたしずくが洞窟の底に落ちた地点でも
再結晶化が起きるので、そこには次第に石灰分が盛り上がって、
それが高く成長をしたものを石筍(せきじゅん)。

上から成長した鍾乳石と下から伸び上がった石筍が
繋がってしまうと石柱(せきちゅう)と呼びます。

鍾乳石が1cm成長するのに約70年、
石筍は約130年の時間を要するとされています。

 ※私達の地元、群馬県にある小平鍾乳洞です。

小平鍾乳洞


 

 

 




この何万年もの歳月をかけて造られた芸術品、
もう一度詳しく調べてから鍾乳洞に行ってみてはいかがでしょうか?

何かすごいものを感じるかも!?

雨冠(あめかんむり)

かえるピョン
雨冠(あめかんむり)に散で霰(あられ)。 

雨冠に包で雹(ひょう)。

雨冠に英で霙(みぞれ)。

霰・雹・霙の違いわかりますか?


●霰(あられ)

直径がおよそ2~5ミリほどの氷の固まりです。雲の中を落ちてきた雪の結晶が、下からの上昇気流におし上げられて、 また落下するということを何度も繰り返しているうちに、たくさんの水の粒が凍りついて降ってくるものをいいます。


●雹(ひょう)

あられが直径5ミリ以上のもの。
ゴルフボール大のものや、ときには野球ボールより大きいものが降ることもあります。


●霙(みぞれ)

雨と雪が混じったものをいいます。上空から雪が降ってくる途中、地上近くの気温が高いと、雪がとけて雨になります。 一部分とけずに雪のまま落ちてくると、みぞれになります。みぞれは、観測分類上は雪に含まれます。


雨冠は雨や気象に関わる意味を表します。
雨冠の字は雲・雷などまだまだあります。

また、気象現象には、
よく耳にするが違いがわからないものなどいろいろあります。

調べてみてはいかがでしょうか? (^^♪

参考資料:気象庁http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq1.html

ご検討中の方へ

水道水に不安を抱えるあなたに、今お伝えしたい。浄水器だけでは手に入らない『安心』があることを。
セントラル浄水器を初めて知った方も、これまでに悩みを解決できなかった方も
導入にあたっての様々な疑問にお答えし、納得して導入いただけるようサポートいたしますのでご安心ください。