オアシス

オアシスとは、砂漠やステップと言った乾燥地域において、淡水が存在する場所をいいます。

オアシスは、一般的には、「砂漠の中の泉」と思っている人が殆どだと思いますが、
これはひとつのタイプで、人工的に掘りだされた所も含めオアシスと言います。
ちなみに、オアシスとは「住みか」という意味もあるそうです。

では、どんな種類のオアシスがあるのでしょうか。オアシス

【泉性オアシス】 
地表に流出するか浅い所に存在する地下水。

【山麓オアシス】
降水量の多い山岳地帯の雨が、山の麓に流れ込み
扇状地を形成する。
流量の多い河川は扇状地を横切り、砂漠に消えていきますが、
河川によっては扇状地を流れるとき伏流水となり扇端で湧き出し、かなり大規模なオアシスを形成する。

【人工オアシス
井戸を掘り、人工的に地下水をくみ上げる地下水。

このようなオアシスのある所では、
農業が可能となり集落が形成されることがある他、通商路の経由地ともなり
オアシスの政治的、軍事的支配は多くの場合商業の支配をも意味してきたそうです。

オアシス.jpgちなみに世界最大のオアシスは、ナイル川の河谷
およびデルタ地帯であり約22,000K㎡あるそうです。

現在のオアシスに暮らす人々は、乾燥した砂漠地帯とはいえ、農業が盛んに営まれ、緑豊なオアシスでは古くからナツメヤシやオリーブ、アプリコット、米、トウモロコシなどの様々な作物が栽培されている様です。

自然の力って凄いですね。
 

投稿者 アクアス総研 : 2011年8月 1日 09:54