ミネラルウォーター(浄水器用語)

ミネラルウォーターとは、
文字どおり各種のミネラルを適度に含んだ飲料水で、
容器に詰められたものの総称です。

ミネラルを豊富に含んだ「硬水」やその逆にミネラルをあまり含まない「軟水」
炭酸を含んだ炭酸水など様々な種類があります。

食品衛生法では従来から清涼飲料水として取り扱われていましたが、
1990年に農林水産省から「ミネラルウォーター類(容器入り飲料水)の
品質表示ガイドライン」が示されました。

このガイドラインでは原水と処理方法によってミネラルウォーター類を4種類に分け、
品名、原材料名等を表示するようになっております。

なお、硬度(カルシウム、マグネシウム等)及びペーハー値を除き、
水道法第4条に適合する水を容器に詰めたものをミネラルウォーター類といいます。


 ◇ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の
物理的・化学的処理を行わないもの

 ◇ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中
又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水をいう)を原水としたもの

 ◇ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のために
ミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの
混合等が行われているもの

 ◇ボトルドウォーター
ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及び
ミネラルウォーター以外の飲料可能な水(処理方法は特に規定ありません)

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月25日 17:30