除去率(浄水器用語)

除去率とは、
浄水器等に水道水を通す事により除かれる物質の割合をいいます。
この割合に達した時点で、ろ過できた量の事を総ろ過水量といい
カタログなどの浄水能力に総ろ過水量として記載されます。

つまり、新品設置直後の除去能力が%で表記されているわけではありません。

※この除去率が100%に近いから性能がいいと言う訳ではありません。
 除去率の表記パーセンテージは、物質により定められています。


例) アクアスファイブの場合

遊離残留塩素 総ろ過水量350,000リットル
除去率80%  (入口残留塩素2ppmの場合)     ※ppm=mg/L

アクアスファイブに残留塩素濃度2ppmの水を通水し続けた時、
350,000リットル通水した時点で、残留塩素を80%除去できた事を表します。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月29日 13:15