水のリラックス効果

現代社会に生活する以上、皆さん多かれ少なかれストレスを溜めていると思いますが、どのように解消していますか? 趣味に没頭する、思いっきり笑う、ひたすら眠る・・・・等々解消法はそれぞれあると思いますが、身近な“水”にリラックス効果があるのです。

 
『飲む』

緊張したり、イライラした時、水をコップ1杯飲むことにより、飲む
落ち着きを取り戻したことはありませんか?
人は、イライラすると体温が上昇し、汗をかき、水分不足になります。
またストレスを感じると血液中のナトリウムが増え、
血圧が高くなる方もいます。このような時、コップ1杯の水が、
水分不足を解消し、血液中のナトリウムの濃度を下げてくれます。
また水には鎮静作用のあるカルシウム、マグネシウムが含まれています。
ゆっくり飲むと効果的なようです。

 

『見る・聞く』

海へ行き波の音を聞いたり、川のせせらぎや見る・聞く雨音、
公園の噴水を見ているだけで安らぎを感じたり、
気分転換できることはありませんか? 
これは水音による涼しさや清潔感、爽快感などのイメージが
リラックス効果を生み出していると考えられます。
波や川のせせらぎ、水際に打ち寄せる水音には、
かすかに変化し人の耳には感じ取れないような独特の
“1/f ゆらぎ”があります。
この1/f ゆらぎは、不規則なリズムと規則正しいリズムが
調和した状態で、気分を落ち着かせる働きをすると言われています。
 
 

『浸かる』
がんばった1日の終わりにのんびりお風呂・・・。
至福の時間ではありませんか?浸かる
水中では浮力が働き、体重が約1/9になり、
体重を支えている関節や筋肉への負担が軽減されます。
また水圧により、血液やリンパの流れが良くなり、
むくみがとれ、肩こりが緩和されます。
38℃前後のぬるめのお湯にゆっくりつかると、
身体を休める副交感神経が優位に働き、
脳内のα波が増え心臓の鼓動や脈拍もゆっくりとなり、
リラックス効果を得られます。
お風呂上りには水分補給を忘れずに!


日常の手軽なリラックス方法として水の力を活用してみてはいかがでしょう?

投稿者 アクアス総研 : 2010年7月 1日 13:53