製品編

お客様から多く寄せられるオール浄水システム「アクアス5」の『製品』に関するお問い合せをご紹介します。

「放射性物質の除去および無害化」に関して

活性炭が放射性物質の除去効果を示す知見が数多くあるようるです。このことから、2011年の福島第一原発事故後、東京都では、放射性物質の除去のため浄水に使う活性炭量を通常の4倍に増やすなど、厚生労働省通達により浄水場で活性炭投入が実施されました。

浄水器と放射性物質除去能力との関係につきまして、大変残念ながら、アクアス総研といたしましては、現時点において科学的データに基づいた明確な回答をすることができません。浄水器の除去能力試験において、放射性物質は一般的に扱える物質ではなく、そのため試料水を作ることができないのがその理由です。また、活性炭で吸着除去する可能性は有るものの、浄水器の除去性能試験法が確立されていない現状です。

なお、「アクアス5」に充填されております活性炭は、細孔の直径が5~150Å※と非常に小さく、低分子類の吸着に特別な力を発揮します。充填量も蛇口タイプの約170倍と驚くほど大量で、しかも定期メンテナンスにより確実な浄水能力を維持しているので放射性物質除去の可能性はあります。
ベストな解決法ではないかもしれませんが、小型浄水器や水道水を直接飲むより、ベターな対処方法であると推察されます。ただし、「アクアス5」は水道水の残留塩素やトリハロメタンを除去 するために開発された製品であることをご理解ください。
※1Å(オングストローム)=0.1nm(ナノメートル)=10-9m

 

放射性物質除去の可能性を持っていたとしても、それについて表現していないのは、「アクアス5」はあくまでも、水道水で人工的に添加された残留塩素の除去に特化した製品であるためです。
セントラル浄水器業界に先駆け、これを徹底するための定期メンテナンスの仕組み、本体・浄水性能保証制度などの整備を進め、顧客満足度も91.8%(2014/4/1~2015/3/31有効回答数2,086件)をいただいております。

 

「浄水器と活水器」何が違いますか?

セントラル浄水器と活水器は、取り付ける箇所が水道メーターより屋内側と設置箇所が似ていることから混同されがちですが、浄水器は水道水に含まれる残留塩素を除去する装置であるのに対し、活水器は磁力やセラミックなどにより水に何等かのエネルギーを与える装置だといわれています。

 

「アクアス5」のセントラル浄水器って何?

一台で家中(ご家庭内のすべての水)を浄水することができる浄水器です。水道水中に含まれる臭いや刺激の元となる残留塩素やトリハロメタン、カビ臭をこよなく除去する浄水器です。オール浄水システム「アクアス5」へお申込いただくことで、セントラル浄水器本体を無料でお貸出しし、お客さまに代わってメーカーが定期的な「ろ材」交換や保守などの管理を行うサービスをご提供しています。

 

「アクアス5」は何を除去するのですか?

水道水中に含まれるイヤな臭いやヒリヒリ刺激の元となる残留塩素、発ガン性が疑われるトリハロメタン、カビ臭などを除去します。

 

浄水性能は確かですか?

はい。ご安心ください。

浄水性能の決め手は浄水ろ材の質と充填量が重要になります。「アクアス5」のセントラル浄水器は、粒状の高性能特殊加工活性炭を大量に使用しており、その量は一般的な蛇口タイプの浄水器の約170倍以上となります。
この為、圧倒的な浄水性能を実現する事が出来ました。その浄水能力は、1日1,000リットルのご使用で約1年間の使用が可能です。

「アクアス5」は飲み水だけでなく、調理水から肌に触れる水、浴びる水までたっぷりと良質な水をご活用いただけます。

 

水圧は落ちますか?

現在お住まいの水道水圧で不自由を感じていなければ、圧力損失による水量の低下は感じらないほどです。(最大吐水量25リットル/分です)

「アクアス5」は活性炭を本体に直接充填する方式を採用しておりますので、不織布や中空糸膜を使った一般的な浄水器フィルターカートリッジの様な圧力損失は全くありません。このような工夫を凝らすことで、水圧の低下をこよなく回避しております。
この為、セントラル浄水器として何不自由なく、家中で使用できるようになりました。

 

「アクアス5」のセントラル浄水器は新品ですか?

「アクアス5」のセントラル浄水器本体は、環境配慮型なレンタル製品です。新品はもちろん、回収された製品も新品製造時と同じ処理工程を踏み、衛生的かつ安心な製品としてご提供しています。
※足部デザインが一部異なる場合がございますが発揮性能は同じです。

なお、回収された製品は、不具合検査、酸洗浄、研磨、耐圧試験、水漏れ検査などの厳しい試験を経て、新品と同じ条件をすべてクリア出来た製品のみが使用されております。
一品一品丁寧に国内で仕上げていますので安心してご利用いただけます。

アクアス総研で実践している「ゴミを出さない」、「余分な製品をつくらない」というコンセプトは、今では本当に多くのお客さまから支持を得ている、浄水器メーカーとしては類例のない環境問題への取り組みの一貫です。