マンションへの導入 / 工事部レポート

TOP > 工事部レポート > マンションへの導入

マンション宅へセントラル浄水器を設置しました!

設置レポート shinohara

Sさま邸(東京都/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部篠原です。
今回、東京都にお住まいのSさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


マンションにお住まいのSさま。

「敏感肌で、特にお風呂での肌への刺激をどうにかしたい!」ということで、「アクアス5」を導入してくださいました。

マンションへの設置でしたので、まず、パイプシャフト内にセントラル浄水器が取り付け可能か確認することに。

Sさまがお住まいのマンションのパイプシャフト内は、「アクアス5」のセントラル浄水器を設置するスペースが充分にありましたので、すぐに管理会社さまへ設置のための承諾をとっていただきました。

承諾は無事に得られ、いよいよ設置工事です!

セントラル浄水器の設置スペースが充分にあったため、いつもよりも早く、そしてスムーズに作業をすすることができ、あっという間に設置工事が完了しました♪



k170511

これからは、飲み水だけでなく、お肌にもやさしい浄水でお風呂もお楽しみいただけます。「アクアス5」で家中まるごと快適なオール浄水の暮らしがスタートです!!!

Sさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら


架台を取り付けてセントラル浄水器を設置!

設置レポート shinohara

Mさま邸(福岡県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部篠原です。
今回、福岡県にお住いのMさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


マンションにお住いのMさま。

マンションへの設置でしたので、まず、パイプシャフト内にセントラル浄水器が取付可能かパイプシャフト内の広さを確認しました。

すると、パイプシャフト内は上下の段に分かれていて・・・



k170331

ちょうど下の段には十分な広さがあり、セントラル浄水器を設置できそうです。

その旨をMさまにお伝えしたところ、「下の段はゴミを置くところとなっており、セントラル浄水器は上の段に設置をしてほしい」との事でした。

下の段をご使用されているのでは、設置してしまうわけにはいきません!ということで、、、

Mさまのご希望にお応えするため、上の段にセントラル浄水器を設置することにいたしました。(上にも設置できるスペースがあったので、よかったです!)

上の段に設置するのにあたり、「アクアス5」本体を置くところが不安定なため、コンパネ(ベニヤ板)を使って土台を作り、施工することになりました。



k170331a

土台は整ったので、いよいよ工事開始!!!



k170331b

工事はスムーズに進み、Mさまのご希望に添える位置で「アクアス5」のセントラル浄水器を設置することができました。

Mさまには設置工事にお時間をいただいたりと、いろいろご協力いただき本当にありがとうございました。

これからは、快適なオール浄水生活をお過ごしいただけるよう、精一杯サポートしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら


マンションへセントラル浄水器を設置しました!

設置レポート shinohara

Iさま邸(福岡県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部篠原です。
今回、福岡県にお住いのIさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


Iさまは、新築マンションへお引越のタイミングで「アクアス5」をご導入してくださいました。

Iさまのようにマンションにセントラル浄水器をご設置いただく場合は、玄関脇にあるパイプシャフトの中に設置いたします。

※パイプシャフトとは・・・給水配管以外にも、他の配管(ガス管や電気の配線、配水管など)や消火器があったり、給湯器が設置されているBOXのこと。

いろいろな配管が組まれているパイプシャフト内は、スペースが狭い場合も多く、「アクアス5」の設置が困難になるケースもあります。

スペースが狭い場合などは、空間を利用するために架台を設置したり、給水配管の取り巻き方を工夫したりなど、色々な方法で施工しています。

今回おじゃましたIさま邸のパイプスシャフト内は、スッキリと広々した状態で、セントラル浄水器を設置するスペースを迷わず決めることができました。



k170303a

毎年のメンテナンス(ろ材交換)のことも考え、メンテナンスをしやすいように設置工事を工夫したものの、広い空間での工事でしたのでスムーズに進み、給湯器の隣にスッとセントラル浄水器が収まり、設置工事が完了しました!



k170303b

Iさまにはお忙しい中、「アクアス5」の設置のためにお時間をいただき、ありがとうございました。

これから、快適なオール浄水生活のスタートですね!私どももお引越先で快適な水のある暮らしをサポートできますこと、本当に嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら


マンションのPSにセントラル浄水器を設置!

設置レポート 工事部担当

Tさま邸(福岡県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、福岡県にお住まいのTさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


マンションにお住いのTさま。

マンションへセントラル浄水器を設置する場合は、パイプシャフト内に「アクアス5」のセントラル浄水器を設置し、家中の水道水から残留塩素を除去しています。

※パイプシャフトとは・・・
水道メーター器やガスメーター器、もろもろ配管が格納されているBOXのこと。

↓家中まるごとオール浄水にするためのイメージ図です。



6_mansyon-img

このパイプシャフト内は、マンションの共有スペースとなりますので、管理組合の方やオーナー様に設置の承諾をいただく場合があります。

今回も承諾が必要との事で、Tさまに手続きをお願いしました。

無事に承諾をいただけたので、設置場所の下見に伺ったところ、パイプシャフトの中がとっても狭く、設置が難しそう...。

しかし!

認定工事店からの提案で、ガスメーター器を移動すれば設置が可能とのこと!!

Tさま了承のもと、ガス業者さまと弊社の認定工事店で現場にて打ち合わせをし、セントラル浄水器の設置場所が決定しました。

工事当日はまずはじめに、ガス業者さまがガスメーター器の移動工事をして...と、ガスメーター器の移動とともに、もろもろの処理をお任せしました。

そのおかげで、「アクアス5」の設置スペースができました!



k1216a

そして、やっとセントラル浄水器の設置工事開始です。



k1216b

狭い中での作業となりましたが、問題なく無事に設置工事が完了しました。



k1216c

お忙しい中、設置のための承諾や工事にお時間をいただき、ありがとうございました。これからは、快適な水のある暮らしを存分にお楽しみいただけます♪

Tさまの快適なオール浄水生活をサポートしてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら


小さなパイプスペースにセントラル浄水器を設置!(工事部レポート/千葉県・マンション)

設置レポート 工事部担当

Iさま邸(千葉県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、千葉県にお住まいのIさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


Iさまのお宅は、マンション。

オール浄水にするためには、玄関の脇にあるパイプスペース(水道メーター器やガスメーター器、もろもろ配管が格納されているBOX)内に、「アクアス5」のセントラル浄水器を設置しなければなりません。

ところが、

下見に伺うと、パイプスペースの中がとっても狭かったのです。

しかも、床面には水道メーター器がドカッとあり、床に置くスペースもありません。架台を付けて中に浮くように設置したとしても浄水器本体がパイプスペースに入るかどうかのギリギリで、さらに配管を組むとどうなるか・・・さらに、パイプスペースの扉の内側にはでっぱりがあって。。。



k160803a

実際に設置してみないことには、取り付けられるかどうかがわからない、そんな状況でした。

そんな中、Iさまは、「どうしても「アクアス5」が使いたい!」とおっしゃってくれて・・・

どんなにがんばっても、水道水と浄水に切り替える為のバイパスを施工することができません。扉の内側についているでっぱりも、カットしなければなりません。

それでも、Iさまから「チャレンジしてほしい!」とご要望をいただきました。

認定工事店の担当も、どうにかして取り付けてあげたい!という思いで、設置工事に踏み切りました。

そして、Iさま了解のもと、工事が始まり・・・



k160803b

当初予定していたとおり、下の面にはセントラル浄水器を設置する場所がありませんでしたので、中に浮かせられるよう架台を取り付けました。



k160803c

そしていざ、セントラル浄水器と給水配管をつないでみると、どうにかおさまりそうです。予定通りバイパス工事をするスペースはありませんでしたが、無事に設置することができました!



k160803d

そして、最後の難関ですが、扉のでっぱりです。

セントラル浄水器がぶつからないように、カットさせていただきました。

設置スペースが狭く、設置が困難な現場でしたが、どうにかパイプスペース内に「アクアス5」のセントラル浄水器を設置することができました。

Iさまに喜んでいただけたことが、何よりも嬉しいです!

これで、家中まるごとオール浄水のある快適な暮らしをお過ごしいただけます♪

これからは、スタッフ一同力を合わせて快適な水環境をサポートさせていただきますので、末永いご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

大阪府のマンションへ、セントラル浄水器を設置!(工事部レポート)

設置レポート 工事部担当

Nさま邸(大阪府/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、大阪府にお住まいのNさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」 を導入いただきました。


Nさまのお宅はマンションでしたので、玄関の脇にあるパイプスペース(水道メーター器やガスメーター器、もろもろ配管が格納されているBOX)内に、「アクアス5」のセントラル浄水器を設置してきました。

設置工事の前に下見に伺い、設置スペースや既存の給水配管の材料などを確認して、セントラル浄水器が設置可能かどうか確認しました。


k0701a

※マンションで使用される給水配管は特殊なことが多いため、事前に下見のお時間を頂戴することがあります。

パイプスペース内は少し狭かったのですが、、、これなら大丈夫!ということで・・・

Nさまと設置日の相談をして、お約束の日にセントラル浄水器の取付工事に伺いました。

既存の配管は、特殊な架橋ポリエチレン管という素材のものを採用していたので、その配管は切らずにそのまま使うことに。


k071b

こうすることで、お取外し後現状復旧がしやすくなります。

「アクアス5」は、お引越しや万一お止めになる際に発生する取外工事も責任をもって、弊社認定工事店が行ないます。(もちろん、無料で取外工事及び復旧工事を行います)

特にマンションの場合は、お引越しされ移設する場合もありますので、取り外し後の現状復旧工事のことも考えて施工をしているんです。

架橋ポリエチレン管を切らずに、どのように工事をするか頭をフル回転で働かせて、無事に設置工事が完了しました!


k0701c

これからは、オール浄水システム「アクアス5」のある、快適な水環境でお過ごしいただけます♪

Nさまがお喜びいただけましたら、私たちもとても嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数 ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

茨城県のマンションへセントラル浄水器を設置!(工事部レポート/茨城県・マンション)

設置レポート 工事部担当

Mさま邸(茨城県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、茨城県にお住まいのMさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


「アクアス5」のセントラル浄水器をお取り付けしたのは、マンションのパイプシャフト内。


k0428

以前、同マンションに「アクアス5」を導入いただいたお客様がいらっしゃったので、パイプシャフト内の広さは熟知していました。

パイプシャフト内は、広々。
セントラル浄水器の取り付けスペースも悠々確保できました。

そして、Mさまのマンションも設置の承諾もOK!
設置工事の開始です。


k0428a

配管素材は、架橋ポリエチレン管だったため、その材料に合わせて施行を開始。
スムーズに作業がすすみ、設置完了です!


k0428b

これで、快適な水のある暮らしをたっぷりお楽しみいただけます♪
これからはMさまが快適にお過ごしいただけるよう、社員一同、精一杯サポートいたしますので、よろしくお願いいたします。


(設置の承諾とは?)
パイプシャフト内は、マンションの共有スペースとなりますので、管理組合の方やオーナー様に設置の承諾をいただく場合があります。

パイプシャフト内にセントラル浄水器を設置する場所をお借りしたり、一部給水配管を接続させていただいたりしますので、お声をかけていただいております。

「アクアス5」のセントラル浄水器はレンタル製品のため、お引越し時やおやめになる際にも、無料で元通りに復旧工事をいたします。また、万一の水漏れにも万全に対応できるようPL保険にも加入しておりますので、ご安心ください。お客様およびマンションへご迷惑をお掛けすることのないよう、体制を整えております。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

福岡県のマンションへセントラル浄水器を設置!(工事部レポート/福岡県・マンション)

設置レポート 工事部担当

Nさま邸(福岡県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、福岡県にお住まいのNさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。

マンションにお住まいのNさま。

「家中まるごとオール浄水のある暮らしをしたい」ということで、「アクアス5」を導入してくださいました。マンションへの設置でしたので、まず、パイプシャフト内にセントラル浄水器が取り付け可能か確認することに。

※パイプシャフトとは、上下水道やガス管などの配管が組まれている収納スペースのこと。PSとも言う。多くはパイプシャフトは、玄関横にあり、扉が付いています。


今回Nさまは、パイプシャフト内の広さがわかるように、メジャーを置いて写真を撮ってくださいました。


k160328a

(この写真で横幅がわかります)


他に、奥行き60cm、高さ184cm・・・ というように、だいたいのスペースが分かるように教えていただきました。

おかげさまで、広さが十分確保されていることがわかり、 今回は下見に伺わず、「アクアス5」のセントラル浄水器を設置することになりました。


k160328b

水道メーター器以降の配管の距離が短かったため、継手を組合せながら施工を行い、しっかりとバイパス(原水と浄水を切り替えるためのバルブ)も組むことができました。


k160328c

これで、快適な水のある生活をお楽しみいただけます♪

快適な水のある暮らしを実現するには、浄水器という器が重要なのではなく、ご利用を開始されてからのアフターサービスこそが何より重要になります。

「アクアス5」なら、浄水器本体や性能保証が付いているだけでなく、定期的なメンテナンス(ろ材交換)を行うことで常に上質な浄水性能が保たれますので、本当の「水の安心」を実感していただけます。

Nさま、今後ともよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

一棟まるごと浄水。各戸にセントラル浄水器設置(工事部レポート/大阪府・マンション)

設置レポート 工事部担当

Oさま邸(大阪府/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、大阪府にあるマンション一棟に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


マンションのオーナーさまであるOさまより、「一棟まるごとオール浄水にしてあげたい」とご要望を受け、各戸のパイプシャフト内に「アクアス5」のセントラル浄水器を設置いたしました。


k151030

多くのマンションでは、各戸のパイプシャフト内に水道メーター器が個別に用意されています。

弊社システムは、各戸に設置されている水道メーター器以降に、それぞれセントラル浄水器を設置することによって、一棟まるごと、つまりすべてのご家庭でのご使用が可能になります。

そのため、今回も各戸すべてのパイプシャフト内にセントラル浄水器を取り付けてきました!

●マンションへ設置する際はこんなイメージです↓


k151030a

ただ、、、
こちらのマンションのパイプシャフト内のスペースはとっても狭く、設置が極めて困難。。。

狭いだけでなく、パイプシャフト内の下部にはガスメーターがあり、中間部分にはスプリンクラーの末端試験弁が。

どう考えても、下に直接設置が出来そうにありませんでした。

さあ、どうしよう(困)

Oさまは、「どうしてもアクアス5を導入したい!」という強い要望もあったので、どうにかできないものかと考えに考え・・・。

そうこう頭を抱えている時に、設置ができそうな空間を発見!

その少しだけ空いている空間をいかせるように、浄水器をのせる架台を設置することに決定しました。

その時に忘れてはいけないのが、次回から始まるメンテナンス(ろ過材交換)のコト。

無理やり浄水器を取り付けても、定期的にメンテナンスが行えなければ、快適なオール浄水生活をお過ごしいただくことはできません。

だから、今後行っていく定期メンテナンスのこともシュミレーションしながら・・・
設置場所や配管の組み回しを考えていくのですが、、、

この、定期メンテナンスのことをシュミレーションするっていうのが、結構難しいんです。

弊社ではご設置後も浄水性能を保ちながら、ずっと快適にお過ごしいただけるよう、定期メンテナンスを組み込んだサービスを提供しているため、"メンテナンスができなくても知らんぷり。設置だけできればよし!"なんてことは、絶対に考えませんし、絶対に施工しません。

お取付けをお断りすることになってしまうのは、心苦しいのですが、中にはメンテナンス作業が困難という理由でお断りするケースもございます。

今回のOさまは、無事に取付け完了です。
大変お喜びいただけました♪

これで、一棟まるごとオール浄水の快適な暮らしを、それぞれのご家庭でお楽しみいただけます。
今後ともよろしくお願いいたします。


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

工事部より設置風景をご紹介します!(茨城県/マンション)

設置レポート 工事部担当

Tさま邸(茨城県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、茨城県にお住まいのTさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


Tさまのお宅は、マンション。
マンションにセントラル浄水器をお取付けいただく場合は、パイプシャフト内に設置いたします。


k150918

パイプシャフトとは、上下水道や電気、ガスなどの設備用の配管を収納しているスペースのこと。玄関の横にあることが多いですね。水道メーター器やガスメーター器もその中に入っています。

そのパイプシャフトの中に、セントラル浄水器を設置することで、家中の水道水を浄水にすることができるのです。

ただ、パイプシャフトの形や大きさは、マンションによってまちまちです。広いところもあれば、とっても狭いところもあります。

そのため、「アクアス5」のセントラル浄水器が取り付け可能か確認をするために、事前に下見に伺わせていただくことがあります。

今回のTさま邸も、事前に下見に伺いました。

伺ったところ、設置スペースは問題ないことがわかり、お客さまも工事店もひと安心。ホッとしたところで、次は配管材料のチェックです。

すると、メーター器以降の既存部材が架橋ポリエチレン管という素材が使われていました。架橋ポリエチレン管に対応できるように材料を用意することにして・・・これで、下見完了です。

設置日当日、3時間程度お時間をいただき、綺麗に施工ができました!

これで、家中まるごとオール浄水のある暮らしがスタートです。これからは、快適な水のある暮らしをたっぷりお楽しみくださいね☆


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

ご検討中の方へ

水道水に不安を抱えるあなたに、今お伝えしたい。浄水器だけでは手に入らない『安心』があることを。
セントラル浄水器を初めて知った方も、これまでに悩みを解決できなかった方も
導入にあたっての様々な疑問にお答えし、納得して導入いただけるようサポートいたしますのでご安心ください。