ペットボトルはやめて水道水を飲もう!

YAHOO ニュース  2009年7月11日

【シドニー11日時事】環境に悪いペットボトルを追放するため、水道水を飲もうという動きがオーストラリアで広がっている。 ペットボトルは製造に石油が使われ、飲み終わった後もゴミ問題が発生することから、ペットボトルの飲料水は買うなという主張だ。
 豪州東部ニューサウスウェールズ州にある人口約2000人の町、バンダヌーンはこのほど、 豪州の自治体として初めてペットボトル入り飲料水の販売禁止を決議した。これに続き、 同州のリース首相も政府機関によるペットボトル飲料水の購入禁止を通達した。
 同首相は、「われわれの水道水は世界的に質が高い」と強調、水道水を飲めばお金も浮くと市民に訴えた。
 これに対し、ボトル飲料水業界団体は、環境保護に名を借りた短絡的な動きであり「個人の選択権利を奪う」と反論している。                    時事通信社

投稿者 アクアス総研 : 2009年7月17日 17:17