安心な水道水

読売新聞 2008年7月12日(土)

(抜粋記事)

東京都は、高度処理した水を「東京水」として販売している
ミネラルウオーター人気の一因は水道水の「まずさ」にある。東京都水道局の昨年の調査では、水道水をそのまま飲む都民は36%と少ない。 浄水器を使う家庭も45%に達する。
だが、国立保健医療科学院水道工学部長の秋葉道宏さんは「最近、かび臭さの原因物質が検査の対象に加わるなど、 水質基準のチェック項目は51項目に増え、今は安心して飲める」と太鼓判を押す。
特に東京や大阪は、オゾンや生物活性炭を使った高度浄水処理の導入で、住民の苦情は激減している。都は「かび臭い」 というイメージを払しょくし、「おいしい水」をPRするため、高度処理した水道水を「東京水」として販売しているほどだ。

蛇口型や据え置き型など様々なタイプがある浄水器。浄水シャワーも売られている
それでも「まずさ」が指摘されるのは、マンションなどの配管や貯水槽の汚れや、浄水器の間違った使い方に問題がある場合があるからだ。
浄水器協会は「浄水器のフィルターは除去される有機物質がたまりやすく、こまめに交換しないと逆に水を汚してしまう」と注意を促す。
古い家屋に残る鉛水道管も鉛が溶け出す。水に詳しい法政大教授の左巻健男さんは「朝、バケツ1杯分は飲用にせず、 植木などの水やりに使えばいい」と助言する。
暑くなる季節、気になるのが塩素の毒性とにおい。殺菌用に水道水1リットルに0・1ミリ・グラム以上含まれるが、左巻さんは 「基本的には心配ないが、無理に飲む必要はない。ただ、味は、水道水も冷やして飲めば、ミネラルウオーターとそう変わらない」と語る。


記事にもありますが、浄水器はフィルター交換が肝心。
浄水器をご使用の皆さまは、必ず定期的にフィルター交換を行ってください。
「アクアスファイブ」はメンテナンスが含まれているシステムなので安心ですね!

 

投稿者 アクアス総研 : 2008年7月15日 09:25