洪水の危険、飲料水不安も

四国新聞社 SHIKOKU NEWS 2008/1/16

(抜粋記事)

中国の海面20センチ上昇/洪水の危険、飲料水不安も

【北京16日共同】16日の中国英字紙、チャイナ・デイリーによると、中国沿海部の上海、天津などでの大都市で、 地球温暖化などのため過去約30年間に海面の高さが場所によっては約20センチ上昇したことが国家海洋局の統計調査で分かった。

海洋局は、世界平均の上昇率を大きく上回っているとする一方、今後10年で沿海部の海面はさらに3.2センチ上がると予測。 上昇傾向を食い止めるのは困難とし、沿海当局が対策を取るよう呼び掛けている。海面上昇の累次統計を海洋局が発表したのは初めて。

海洋局によると、天津は過去30年に19.6センチ、上海では11.5センチ海面が上昇。全国平均では9センチ上がり、 沿岸の気温は0.9度上昇した。

地球温暖化が海面上昇の主な原因だが、上海と天津では地下水の「無秩序な取水」による地盤沈下も原因。 海面上昇は両都市で洪水の危険性を高め、上海では約2,000万人の住民の飲み水に海水が混じり、健康不安の原因となっている。

 

投稿者 アクアス総研 : 2008年1月16日 17:06