ろ過(浄水器用語)

ろ過とは、
個体の物質が混ざっている液体や気体から、細かい穴があいた
ろ材(ろ過材)に通して、穴よりも大きな粒子を分離する事をいいます。

わかりやすい例を上げると、
ご家庭でコーヒーを落とす際に使用するペーパーフィルターにより、
豆とコーヒー(液体)を分離するのも一種のろ過といえます。

浄水器の場合、ろ過材は活性炭や天然石、セラミックを指します。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月23日 17:00