塩素チェッカー(浄水器用語)

塩素チェッカーとは、
検水(水)に試薬を混ぜて、発色させ色の濃淡から
遊離残留塩素濃度を検査する試薬の総称です。
また、残留塩素を検査する装置を指す場合もあります。

水道水の遊離残留塩素濃度や浄水器の能力の
低下具合を調べる時などに使用されます。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月31日 13:00