緩速ろ過方式(浄水器用語)

緩速ろ過方式とは、
昔からのろ過方法で、安全性、信頼性の面で上等な水を作ることから、
日本各地に普及していました。

緩速ろ過方式の特徴として、下記が挙げられます。
 ・薬品は一切使用しない
 ・トラブルが少ない

しかし、ろ過速度が遅く供給が間に合わない事から
現代では塩素を使う急速ろ過法に移り変わりました。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月30日 15:30