生物ろ過(浄水器用語)

生物ろ過(せいぶつろか)とは、
微小生物による有機物の直接的な生物分解作用を利用することで、
水中の汚れ(有機物)を無害化する浄化方式のことです。
主に有害なアンモニアや臭気などが比較的無害な物質に分解されます。

生物ろ過のメリットは、浄水場においては、
加える塩素の量を減少させることができ、またクロラミンの
生成が少ないので適切な塩素処理の管理が可能となります。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月29日 12:00