生物活性炭処理(浄水器用語)

生物活性炭処理とは、
活性炭の吸着作用に加えて活性炭層内に繁殖した微小生物による
有機物の直接的な生物分解作用を利用することで、
水中の汚れ(有機物)を無害化する浄化方式のことです。

特徴として、生物活性炭処理の前段階に塩素処理が出来ない事や
水中に溶存酸素が十分存在し、微生物の繁殖に必要な有機物が
ある事が前提となります。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月29日 12:15