界面活性剤(浄水器用語)

界面活性剤とは、
界面とは、性質の異なる物質の境界面のこと指します。
この性質の異なる物質間には、必ず界面が存在します。

界面活性剤とは、このような界面に作用して、
界面の性質を変化させるような物質の総称のことを言います。

例えば、水と油は混じり合わないもの。
混じり合わない水と油の間には界面が存在していますが、
界面活性剤はこの界面に作用して、界面の性質を変え、
水と油を混じり合わせることが出来るようにするものです。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月30日 18:00