RO水 (浄水器用語)

RO水とは、
逆浸透(Reverse Osmosis)水の略で、水分子は通すが
イオンや分子などを通さない性質の膜(半透膜)に
圧力をかけて作った水のことで、逆浸透膜浄水器
(RO浄水器)より得られる水の呼称です。

ほぼ水含まれる不純物がろ過されています。

水の味を決めるミネラル分も全て除去されていますので、
飲用の際に味がしないのも特徴です。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月21日 16:15