結合残留塩素 (浄水器用語)

結合残留塩素とは、
モノクロラミン、ジクロラミン、トリクロラミンなどの窒素と結合した塩素
または様々な物質と結合した塩素の総称です。

水にアンモニアなどが含まれていると塩素消毒剤とアンモニアが反応して生成します。

結合残留塩素にも多少殺菌力がありますが、殺菌力よりも汚れの指標としてみられます。

・用語集リストはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月30日 12:45