ドクターフィッシュ

今回は、最近テレビや雑誌等で話題になっている
『ドクターフィッシュ』について調べてみました。

『ドクターフィッシュ』とは、コイ科の魚「ガラ・ルファ」の通称で、
全長約10cmの小さい魚です。
西アジアの河川域に生息する淡水魚で、
通常は河川や池沼に生息しています。
しかも37℃程度の高い水温でも生息できるため
トルコなどの温泉にも生息しているそうです。

「ガラ・ルファ」は、温泉に入ったヒトの古くなった角質を食べるということで
一躍有名になり、アトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病の治療効果があるとされるため、
「ドクターフィッシュ」と呼ばれるようになったそうです。
またドイツやトルコではドクターフィッシュによる治療が
保険適用の医療行為として認められているそうです。

ヒトの角質を食べるのは、温泉では他の生物があまり生息せず、
他に食べるものが無いためと考えられています。

近年、日本でも皮膚病の治療効果が注目され、
日帰り入浴施設などで「フィッシュセラピー」としてのサービスが提供されています。

みなさんもぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?
 

投稿者 アクアス総研 : 2010年10月 1日 10:13