打ち水しようよ!

梅雨もそろそろ明け、夏本番となります。そこで今回は、打ち水について調べてみました。

打ち水とは、古くから伝わる伝統的な風習で、「道路などの埃を抑える効果がある」、また夏場に打ち水することにより、 撒いた水が蒸発することで熱を奪い、わずかではあるが「気温を下げる効果がある」そうです。utimizu

 2003年より土木研究所(現独立行政法人)という研究機関が、 都市部のヒートアイランド対策から地球温暖化対策の一環として、一年でもっとも暑い日とされる「大暑(7月23日)」か ら、 その日を境に暑さが 和らぐとされる「処暑(8月23日)」までの期間、毎年打ち水大作戦を行っています。

今ではその輪が全国~世界へと広がっていっています。

そこで使われる水は、水道水を使うのではなくお風呂の残り水や雨水などの二次利用水を使うことがルールとなっています。

皆さんも地球のため、この機会に打ち水をしてみませんか?

(参考)打ち水大作戦
http://www.uchimizu.jp/


 

投稿者 アクアス総研 : 2007年7月11日 13:17