工事部より設置風景をご紹介します!(茨城県/マンション)

設置レポート 工事部担当

Tさま邸(茨城県/マンション)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当山口です。
今回、茨城県にお住まいのTさま邸に、オール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


Tさまのお宅は、マンション。
マンションにセントラル浄水器をお取付けいただく場合は、パイプシャフト内に設置いたします。


k150918

パイプシャフトとは、上下水道や電気、ガスなどの設備用の配管を収納しているスペースのこと。玄関の横にあることが多いですね。水道メーター器やガスメーター器もその中に入っています。

そのパイプシャフトの中に、セントラル浄水器を設置することで、家中の水道水を浄水にすることができるのです。

ただ、パイプシャフトの形や大きさは、マンションによってまちまちです。広いところもあれば、とっても狭いところもあります。

そのため、「アクアス5」のセントラル浄水器が取り付け可能か確認をするために、事前に下見に伺わせていただくことがあります。

今回のTさま邸も、事前に下見に伺いました。

伺ったところ、設置スペースは問題ないことがわかり、お客さまも工事店もひと安心。ホッとしたところで、次は配管材料のチェックです。

すると、メーター器以降の既存部材が架橋ポリエチレン管という素材が使われていました。架橋ポリエチレン管に対応できるように材料を用意することにして・・・これで、下見完了です。

設置日当日、3時間程度お時間をいただき、綺麗に施工ができました!

これで、家中まるごとオール浄水のある暮らしがスタートです。これからは、快適な水のある暮らしをたっぷりお楽しみくださいね☆


●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら

投稿者 アクアス総研 : 2015年9月25日 10:12