散水栓を経由せずにセントラル浄水器を設置!

設置レポート shinohara

Mさま邸(千葉県/戸建て)

こんにちは。オール浄水システム「アクアス5」の工事部担当篠原です。
今回は、千葉県にお住まいのMさま邸にオール浄水システム「アクアス5」を導入いただきました。


戸建住宅にお住いのMさま。

お家周りの状況を確認したところ、建物の周りは土、そして水道メーター器周りと駐車場はコンクリートになっているとのことでした。

そのため、一度下見へ伺うことに。

また、給水配管図面をお持ちとのことでしたので、下見当日見せていただくことになりました。(給水配管図面とは、水道メーター器以降、宅内の水栓器具までの配管経路が載っている図面のことです。配管が図面通りに施工されていないこともしばしばありますが、おおよその目安になります。)

そして、下見当日。

土の部分でオール浄水になりそうなところがありました。



k180706c

しかし、ご用意いただいた給水配管図面を見ると、配管経路が途中で途切れていて、工事当日に土を掘削してみないと給水配管がその部分に埋設されているかわからないとのことで、工事当日に判断させていただくことになりました。

また、その土の部分で給水配管が見つからない際は、一部コンクリートをはつらなくてはならない場合もあり、それも工事当日に判断させていただくことになりました。

Mさまにご了承いただき、セントラル浄水器の工事日のお約束をしました。

「アクアス5」設置工事当日。
まずはじめに土を掘削します。

すると、、、給水配管がありました!!!

オール浄水になるかどうか確認をすると、散水栓のみ、浄水にならないことが判明。散水栓も浄水にするためにはコンクリートのはつりが必要となります。散水栓も浄水にするには、コンクリートはつり等の大掛かりな工事が必要になる旨、Mさまにご説明しましたところ「散水栓は浄水にならなくても良いです。」とのことでしたので、土の部分で設置工事を進めさせていただくことになりました。

掘削して見つけた給水配管を「アクアス5」のセントラル浄水器が設置できるように立ち上げます。



k180706d

そこへ掘削した土を戻し、浄水器を接続します。

砂利をきれいに戻し、「アクアス5」専用のステンレスカバーを設置し、工事完了です。



k180706b

Mさま、お忙しい中、下見と設置工事にお時間をいただきましてありがとうございました。これからは家中の蛇口からいつでも、どこでも浄水をお使いいただけます。Mさまが快適な浄水生活をお送りいただけるよう、スタッフ一同精一杯サポートしてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

●他にも、セントラル浄水器の設置状況や工事に関するエピソードを多数ご紹介しています。
→工事部レポートはこちら


投稿者 アクアス総研 : 2018年7月 6日 09:43