医学博士スペシャルインタビュー

医学博士インタビュー

生活に欠かすことの出来ない「水」。
水が健康を脅かす存在へと変わりつつあります。水道水に含まれる殺菌のための強力な塩素、
塩素との化合物であるトリハロメタンなど。私たちは毎日少しずつこれらの影響を受け続けています。
健康と環境問題に触れ、医学博士神原氏に浄水器の必要性についてお話を伺いました。


●水道水の現状と浄水器の効果について
― 水道水の現状についてお考えをお聞かせください。
水は確かに、水道水ということで殺菌が行われていなければならないし、
また、最近は色々な影響があり、単に菌が無くきれいだったらいいかといえばそうではなく、
健康上、菌以外の色々な物質がたくさん入っていることが問題になっていますね。
水だけではなく住宅の素材からホルムアルデヒドなどが発生して起こるシックハウス症候群など
も問題になっています。

― 医療現場で感じる昔と今の違いは何ですか。
水もおそらく、アトピーや健康障害などの原因に関係しているのではないかと思うのです。
最近は特にアトピーが非常に多いですからね。昔我々が若いときにはあまり無かったんですが、
現代の学生さんでは少なくとも2割程度には発症していますからね。

― 2割もアトピーを発症とは驚きです。それは軽視できない割合ですね。
何がその原因かはっきりとは分かっていないのですが、空気中の物質、食べ物、
そして水など色々なものが影響していると思うのです。
やはり水というのは毎日飲みますし、肌にも触れています。殺菌という意味では色々な手段が
とられてきましたが、逆に殺菌で一番使われる塩素や工業的な物質もたくさん混ざっており、
十分にはそれが問題視されていません。
微量でも長年飲んでいると影響が出てくるのではないかと推測されます。

― それは驚きました。実は私たちも同様に考えているんですよ。
たとえ微量でも飲み続ける、浴び続けるということは何かしら影響があるのではないかと。
まだ確固たるデータはありませんが、時代とともに病気が変わってきたり新しい病気がでてきたり、
あるいは抵抗力が低下したりしているということは、水などが大きな影響を及ぼして
いるのではないかと思うのです。

― 人間の身体は60%が水で出来ているわけですから、長年にわたる摂取は避けたいものですね。
私は6年間アメリカ南部のニューオリンズに住んでいました。ミシシッピー川の河口に近い所です。
当時は「アメリカの工業排水のうち、約3分の2はミシシッピー川に流れ込んでいる」といわれていました。
実際、その頃の水質調査では、あらゆる発ガン性物質が含まれていたそうです。

新聞でそんな発表があり、子どもにそんな水を飲ますわけにはいかないということで、
その頃はまだ浄水器はありませんでしたので、水を大量に買っていたんですよ。
ですから日本へ帰ってくると水が塩素臭かなんかで非常にまずくてね。
紅茶を入れると水の品質の違いがよく分かりましたね。水道水で入れた紅茶は濁ってしまうんですが、
活性炭を通した水ですと非常に澄んだきれいな色の紅茶になります。
特に夏場は水の状態が悪いのでよく分かりました。子どもも日本の水は不味いと言って
いましたよ。

― 「アクアス5」のセントラル浄水器をご利用のお客様の中には、
アトピーが良くなった、お風呂が温泉みたいになった、リンスが要らなくなった、
顔がパリパリにならない、など様々な感想をいただいております。
どのくらいの方に効果があるかは分かりませんが、現在ですと手荒れなどでお困りの方が
利用されるケースが多いのではないですか。

― そうなんです。美容師さんや飲食店の方などが、手荒れが良くなったということで、
1号店で効果が現れたので次の2号店、3号店でも利用される方が大勢いらっしゃいます。
なかなか環境物質的なものの評価というのは難しいものなのです。
浄化された水を使って明日から、あるいは1週間で効果が出るわけではなく、非常に時間が
かかるわけですし、使う人の体質など色々なことが影響します。
タバコを吸ってお酒を飲んでも平気な人もいるわけですからね。
個人の体質などを含めて考えなければいけませんので、その効果を科学的に実証しようとしますと、
極端に言いますと100人ぐらいではなく、1万プラス1万人ぐらいの規模で調査しないと科学的な
データが出ないわけです。

ただ、個々の例というのはやはり大事なわけです。
今まで手が荒れていた人が荒れがなくなればそれは現実にいいことですからね。

― そうですね。科学的な根拠はわかりませんが、現実としてその結果を受け止めています。
だからこそ、「アクアス5」が口コミで広がっているのだと思います。

 

●環境に優しいレンタルシステム
― 「アクアス5」のセントラル浄水器は販売していないんですよ。
すべてレンタルでお貸し出ししています。
製品の所有権を譲渡しないレンタルなら、お客様に代わってメーカーが責任を持って浄水寿命の管理、
不要になった製品の回収までが行えますから。
ああ、それはいいですね。
レンタルシステムにそういった回収までの働きがあることは改めて認識しました。
それにしても、リサイクルというのは非常に大事なことだと思います。
日本もだいぶ進んできましたが、環境汚染を擁護すると言う意味で、自然を有効に使う
ヨーロッパでは色々な廃棄物を分配していますね。
建物も、何百年も前のものをリニューアルして使い続けています。

― 何百年も先も使うことを想定している。環境にも素晴らしいことですね。
色々なものをリサイクルするということで、レンタルシステムは良いと思いますね。
消費者は浄水器を買ったとしても、浄水ろ材の交換が面倒で、
古いものを捨てて新しいものを購入すればいいという考えがありますからね。

― ええ、そういう例は非常に多いですね。
浄水器を購入しても2年目には面倒くさくなって捨ててしまう人が3割近くもあるようです。
もうこれからの時代、その場だけよければいいという考えは通用しません。
アクアス総研では、水を浄化して人々に安心の水を提供することと同時に、浄水器の再利用や
使用済ろ材の活性炭を自然に戻す取り組みなど、無駄な資源を出さないより環境に優しい事業を
展開していきたいと考えております。
この度はお忙しい中、インタビューに応じていただきましてありがとうございました。

(2001年 ニューライフより)